検査センターBLOG

(一財)青森県薬剤師会 食と水の検査センター
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

激辛にチャレンジだ。

激辛カップ麺を買おうかどうか迷った。

勇気が出ず、諦めた。

ラーメン屋さんで担々麺を注文する機会が増えた。

前に比べたら、辛さに強くなった気がする。

でも、激辛という文字には怖気づく。

 

昔を思い出すのだ。

20倍カレーを食べた翌日のことを。

下から火が噴くとは思いもよらず。

 

どこかで刺激を求めているのかもしれない。

チャレンジしてみよう。

翌日のことは考えずに。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

やせるための根性を培う

歩道の雪解けが待ち遠しい。

だいぶ解けてきた。

今週に入って、かなり解けてきた。

 

帰宅して、軽くストレッチをして、走るのだ。

今月は、意外に走れている。

昨日までで13日、85kmといい感じ。

先週は本当に寒かった。

3℃ぐらいだと何とか走れるが、−6℃は寒さが刺さる。

 

昨日は気分良く走れた。

一部分、夏場と同じタイムで。

 

ようやく、腹囲がスリムになってきた。

太るのはあっという間。

やせるのは根性が必要とつくづく思う。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

昔食べたちゃんぽんは別な味がした。

太麺が実にいい。

野菜をはじめ具材が豊富。

スープは濃厚。

ちゃんぽんである。

 

ちゃんぽんを初めて食べたのは学生の時。

大学の近くにあったラーメン屋さんで。

麺が太くなかったような気がする。

普通の麺に、それほど濃厚ではないスープ。

具材はやはり多く。

抜群にうまいというほどではなく。

それが理由だろうか。

成人になって、食べる機会がほとんどなかった。

 

妻が市販のちゃんぽんを買ってきた。

麺とスープだけのもの。

それにたくさんの具材をいれて。

別なものを食べている気がした。

 

1つに固執しない。

いろいろ試してみて。

そうすれば、本質がわかるというもの。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

春を呼んだ、えんぶり。

「八戸えんぶり」が始まった。

豊年祈願の民俗芸能である。

 

えんぶりとは、田んぼを整地する農具「えぶり」からきているとのこと。

えぶりは、グラウンドを整地するトンボのようなもの。

 

組になってねり歩く。

主役は、飾りつけされた烏帽子をかぶって舞う。

えびす舞や大黒舞が花を添える。

 

こうした舞をみると春を感じる。

実際は、いつも寒さが厳しい。

しかし、今年は違う。

本当に春だ。

春を呼んでくれたえんぶり。

明日は4月の気温になるという。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

春の近づき。除雪の断面を見る。

寒さの峠を越えた気がする。

来週から暖かくなる予報。

 

県内の有料道路を走る。

除雪がきちんとされていて、走りやすい。

ロータリー除雪車でそれが行われたことで、小さな壁ができている。

雪の回廊とまではいかないが。

 

自分が作るケーキを思い出した。

スポンジに生クリームを塗る作業。

慣れていないと、とても汚くて。

経験を積んで見られるようになった。

 

道路の壁の所々からガードレールが見える。

生クリームの塗り忘れに見えて。

 

そこから雪解けが始まるだろう。

一気に春が近づいた気がする。

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

映画館の推移。作品のチェックはこまめに。

先週末映画を見た。

作家の池井戸氏原作映画。

昨年も見た。

ドラマは欠かさず。

小説も読みつくした。

 

一般社団法人日本映画製作者連盟サイトを見る。

映画館のスクリーン本数をみると、1990年ごろから下がり始める。

2000年ごろから上昇開始。

そのまま右肩上がりで現在まで。

公開本数も同様。

興行収入は、少し波はあるものの上昇傾向。

特筆すべきは、邦画が洋画を上回ったこと。

シェア3割が5割超。

アニメ作品が貢献していると想像する。

個人的にも邦画を見る機会が増えた。

次なる作品のチェクは欠かさない。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

蕪の「無」はどういう意味だろう。

カブの食し方。

いつも、生食。

マヨネーズや味噌をつけて。

甘くて瑞々しいものに当たると、とらまなくなる。

外れると、煮物にする。

 

「蕪」という字は、雑草が生い茂っているという意味。

訓読みは、「あれる」とか「しげる」などがある。

意味が逆のような気がする。

痩せた土地でも育つという意味だろうか。

おいしくてすぐに無くなるというのが近い気がする。

農産品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

2月の寒波襲来。これが最後になればいいが。

立春を過ぎてからの大寒波。

2月が冬の本番といわれることもある。

1月まで比較的過ごしやすくても安心できない。

青森市の平均気温は、過去30年程で、1月が最も低い。

しかし、年によっては、2月が低い時もある。

3月になると一気に上昇。

 

日差しが強くなっている。

時折覗くお日様の光は、心まで温めてくれる。

2月を乗り越えると、光が見えた気がする。

日の出が早く、日の入りが遅くなった。

あと少し。

春はもうすぐだ。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

エントリー開始。開催情報続々と。

今月に入り、マラソン大会開催の情報が入ってきた。

早速、うぐいすマラソン10kmにエントリーした。

八戸開催のうみねこマラソンは、近々申込が開始される。

いよいよ、ハーフデビューだ。

 

北日本はこの時期、マラソンはシーズンオフ。

それ以外は、シーズン真っ盛り。

今年に入り、意外に走れている。

思い切り走れないのが残念なところ。

あと2か月もすれば、本格始動できるだろう。

デビューの昨年は2レースに参加。

今年は5レースを目標に。

その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

馬のような足になるかな。

手足がカサカサ。

保湿クリームは必須。

年とともに、湿疹による手荒れが深刻化。

乾燥によりさらに悪化する。

 

妻が「馬油」クリームを使っている。

「バーユ」とふりがながあった。

中国語読みは「マーユ」らしい。

 

中国から伝わったとされる馬油。

かなり昔から火傷や切り傷などに使われてきた様子。

原料は皮下脂肪とのこと。

 

足に塗ってみた。

いい感じ。

馬のように速く長く走れるように願いを込めて。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -