blog index

検査センターBLOG

(一社)青森県薬剤師会衛生検査センター
焙じ茶の可能性

「焙煎(ばいせん)」という言葉。

茶の葉やコーヒー豆を焙(ほう)じ煎(い)ること、と辞書にあります。

焙煎コーヒーはよく聞きますが、焙煎茶とはあまり聞きませんが実在するようです。

 

ほうじ茶は「焙じ茶」と書き、番茶等を強火で炒ったお茶のこと。

一方、煎茶(せんちゃ)は一般的に飲まれるお茶のことで、茶葉を蒸して揉みながら乾燥させたお茶のこと。

 

最近、ほうじ茶が人気とのこと。

先日ほうじ茶味のアイスを食べました。

香りが良くてアイスと非常にマッチしていました。

アイス以外には、ほうじ茶ラテやラーメンにも。

想像できない楽しさがあります。

 

ほうじ茶は煎茶に比べたら頻繁に飲むお茶ではありませんが、用途を変えると多くの機会で使用される可能性を秘めいています。

 

 

| Matsui | 食品 | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
稲妻のように速く

エクレアは好物なのですが、食べる時に注意が必要です。

ガブッと頬ばったときに、クリームが飛び出してしまうことです。

クリームに注意が向けられていると、チョコがこぼれても知らず。

テーブルの上などに落ちていれば問題ないのですが、衣服についていたらもう大変。

結局のところ、じっくり味わうというよりは急いで食べることが多いです。

 

それは、名前の由来からも言えます。

エクレアの語源はフランス語のエクレールからきたといわれています。

その意味は、「稲妻」。

クリームが飛び出す前に、稲妻のように素早く食べなければならないという説があるようです。

また、割れ目が稲妻に似ていることも。

 

さて、稲妻はどのくらい速いのでしょう?

調べたところによると、秒速200kmだとか。

光の速度は、秒速30kmですから、それに比べれば遅いですが、雲から地面に到達する時間は1秒もかかりません。

 

じっくり味わえるエクレアの開発をお願いします。

 

| Matsui | 食品 | 17:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
チアシードの応援

チアダンスの「チア」(cheer)の意味は「元気づける」、「励ます」など。

フットボールの応援活動が元になったとか。

今では、競技として成立しています。

 

チアつながりで、「チアシード」。

シードは種ですが、チアがわかりませんでした。

チアは植物の名前で、シソ科の仲間。

メキシコ周辺で栽培されているようです。

 

チアシードは以前から知っていたものの、手を出せずにいました。

最近になって娘がそのドリンクを飲んでいるのに触発されて、ヨーグルトドリンクを買いました。

想像していたプチプチ感。

チアシードの量が少なく、物足りなさを感じたのでした。

 

チアシードは10倍以上に膨れることからダイエットに最適。

栄養も豊富なことから注目を浴びています。

 

定期的に食べることによって、チアシードがダイエットを応援し、元気づけてくれることでしょう。

 

| Matsui | 食品 | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
水田の充実した機能

青森県内は、田植え真っ最中。

進捗状況は約50%とのこと。

好天続きで例年よりも進みが早いようです。

 

田植えが終了した水田はとてもきれいです。

近くの樹木がくっきりと反射しています。

空の青や夕日のオレンジも映えます。

 

水田の水はきれいだといいます。

田んぼを水が通過することで水質が変化します。

田んぼにはいろいろなものが入り込みます。

田んぼに入ると沈澱したり、ろ過されたり、吸着されたり、分解されたり。

代かきした後に水田に入る前の水と水田から排出された水の比較データがあります。

全窒素(T-N)濃度を比較すると、排出時には1/2に低減。

 

水田は浄化機能だけではなく、生物の保護や水資源の安定化など環境維持に重要な役割をしています。

食だけではなく、あまり気付かない部分の水田に目を向けてみました。

 

| Matsui | その他 | 16:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
空の青さと菜の花

新たに、菜の花畑を見つけました。

青森県内は先週あたりから菜の花の見ごろとなりました。

夏のような天候も味方して観賞日和。

 

栽培としての菜の花は菜種。

用途は油糧用菜種。

油糧(ゆりょう)とは、油脂・油脂原料・油かすなどのこと。

油脂は、食用油脂と工業用油脂に大別できます。

食用は、サラダ油やゴマ油、オリーブオイル等。

工業用は、主に潤滑油。

 

菜種油はキャノーラ油が有名。

エルシン酸とグルコシノレートを含まない品種から作られたもの。

カナダで開発されたこともあって、菜種の輸入はカナダがほとんど。

日本の自給率は0.1%。

 

国内の産地は、北海道と青森で約4割を占めます。

最近は、輸入価格が上昇傾向にあることから国産菜種の価格差が縮まっているとのこと。

国産需要が増えれば、菜の花を観賞する機会も増えるだろうかと単純に考えたりします。

 

空の青さと菜の花の黄色はいつ見ても絶景だから。

 

 

 

| Matsui | 動植物 | 16:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
第3のミルクの波

3の○○。

真っ先に「ビール」が思いつきます。

他には「男」。

「目」もあるとか。

 

最近「ミルク」なるものが。

3のミルクとはいったい?

1は牛乳、第2は何だろう?

豆乳でした。

注目の第3は「アーモンドミルク」や「ライスミルク」など。

もともとは欧米諸国で親しまれていたようです。

 

流行の理由はヘルシーなこと。

低カロリーで、低糖質。

加えて、ビタミンなどの栄養分はしっかりと入っています。

 

グリコの商品を買ってみました。

アーモンドの香りがとてもいい。

ミルク感もしっかりと。

飲みやすさが印象的でした。

 

情報化社会の現在、爆発的な流行になるかもしれません。

3の波に乗って、身近なものになるかもしれません。

 

| Matsui | 食品 | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
山の碇

船を港に固定しておくために重要な役割をするのが碇(いかり)。

碇を鎖でつないで海に沈めます。

2本の矢印のような形をした爪が海底にしっかりと刺さることで強固になります。

碇の形も様々。

4本爪や6本爪もありました。

紀元前に使用されていたという碇は、石に穴をあけロープでつながれていたようです。

その後改良を重ね、いまではストックレスアンカーと呼ばれる、爪と軸の部分が動くタイプの碇も登場してきました。

 

イカリソウ(山野草)に出会いました。

花の形が碇に似ていることからそう名付けられたとのこと。

碇マークの代表である2本爪の碇をイメージしていたためか、その花は碇に似ていないと思いました。

しかし、4本爪の碇を思い出したらまさしくその通りでした。

 

イカリソウといえば、精力剤が有名。

ユンケル等の栄養ドリンクにイカリソウエキスとして表示されています。

 

山の碇は海のそれと違って、か弱い花でした。

可憐な花が山林の中で咲いていました。

 

| Matsui | 動植物 | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
副食としてのワラビ

ワラビのアク抜きに挑戦。

レシピ通りにやったのですが、妻からチェックが入りました。

水と重曹の分量に問題があったようです。

特に重曹の量が多くても少なくてもいけないとか。

少なければ苦味が残ったり、多ければ柔らかくなりすぎたりと。

仕方なく妻と交代しました。

そうしたら美味しく出来上がりました。

 

アク抜きは風味以外にも重要な点がありました。

ワラビを生で食べ過ぎると中毒症状になるとのこと。

牛や馬等が牧草地に生えていたワラビを食して中毒症状になった事例があります。

現在は、牧場からワラビの除去が進み、中毒の発生は減少。

 

ワラビは美味しいが故に食べ過ぎてしまいます。

副食としてのワラビに留めておかなければなりません。

 

| Matsui | 農産品 | 16:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
舞い上がる鶴のごとく

森林を出会った山野草。

葉がハート型で、テカテカしていました。

ガーデニングに重宝しそうな葉っぱでした。

持ちかえりたい欲求を抑えました。

シダ植物ではないようなので花はこれから咲くのでしょう。

花の期待よりも葉がとても気に入りました。

 

名前は舞鶴草(マイヅルソウ)。

花はスズランのように白くて小さく、縦長に並んでいます。

葉が鶴の羽を、花は首をイメージできます。

 

群生する傾向があるようです。

舞い上がる鶴のごとく美しさに魅了されるのは花が咲いてからなのでしょう。

 

| Matsui | 動植物 | 17:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ポニーの身体能力

147cm以下。

その長さは地面から肩の高さ。

馬のポニーの基準です。

特定の品種ではなく、147cm以下の馬の総称。

因みに、サラブレットは160170cm

 

ポニーは乗用馬として飼育されていることが多いとのこと。

走ると時速40kmのスピードが出ると聞いて驚いたのでした。

昔は、軍用としても。

日本在来馬として、道産子や木曽馬が有名です。

可愛らしさが売りの、100cmにも満たない品種もいるとか。

まさしくペット。

 

久々に牧場でポニーを見ました。

ポニーに子供たちを乗せた思い出が蘇りました。

サラブレットに乗馬したい気持ちがあります。

ポニーなら乗れそうな気がします。

70kg弱の体重は大丈夫かな?

 

| Matsui | 動植物 | 17:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

bolg index このページの先頭へ