検査センターBLOG

(一社)青森県薬剤師会衛生検査センター
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

このまま行くと、雪道でも走るかもしれない。

ジョギングをはじめて1カ月半。

 

頑張っています。

続いています。

タイムが縮まっています。

距離が延びています。

 

もうこれだけで満足な気もしますが、肝心の体重が減りません。

3ヵ月頑張らないと減ってこないとか。

体脂肪の変化がわからないので何とも言えませんが。

明白なのはベルトの穴が一つ短くなりました。

 

平日は5km、休日は10kmを目標。

平日は夜、休日は日中に走行。

平日の夜は大分慣れてきました。

雨が降ったら必ず休息。

 

10kmマラソンに参加したいという欲求。

ハーフも走れる自信がついてきました。

もっと練習を積んでいけばフルマラソンも不可能ではありません。

 

1つ悩みが。

冬期間をどうしようか?

雪が降っても走っている人がいるという事実。

体育館では飽きそうな気がするので転ばない程度に。

春がいつもの年より待ち遠しくなりました。

 

その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ジャックの永遠の光。提灯としての役割。

その昔、ジャックという名の口は巧いが卑怯で普段から行いの悪い鍛冶屋の男がいた。
怠け者だがズル賢いジャックは、十字架を使って悪魔を罠に仕掛け、自分を地獄に落とさないと約束するまで罠の中に閉じ込めた。
悪魔はやむなく約束し、ジャックは死んでも地獄へ落ちない身となった。
そうして死んだジャックは「死者の門」へ着いたのだが、そこで聖ペテロという死者を天国か地獄へ行くか見定める者を得意の話術で騙して生き返った。

しかし、生き返った後も生前の行いを全く反省せずに最悪な男のままだった。
そのため、再び死んで死者の門を訪れた時に聖ペテロから「お前は天国へ行くことも、地獄へ行くこと出来ない」と言われ、暗い闇の中を漂う事になりました。
そんなジャックを見て哀れんだ悪魔が地獄の劫火(ごうか)から赤々と燃える石炭を一つ取り、ジャックに明かりとして渡しました。

その明かりをカブに入れてランタンの代わりにし、ジャックは今でも暗闇を一人で歩き続けている。
それが「ジャックの提灯」と呼ばれ、その明かりは夜中に不思議な光として現世で目撃されると、哀れなジャックの話に倣って「ジャック・オー・ランタン」となったのです。

(ハロウィーンガイドHPより)

 

基本、大きい。

原則、観賞用。

ハロウィンのカボチャはランタン用。

食べられないことはないようですが、美味しくない。

かたい、にがいなどの味がするといいます。

もちろん食べたことはありません。

もし販売用にカボチャのように甘かったら、保存の問題が発生するでしょう。

オレンジ色のカボチャは観賞だけで十分役割を果たしていると思います。

 

その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

残り少ない秋を。バッタの音に耳を。

今朝も気温が下がりました。

一桁の温度を見ると冬の足音が聞こえてくるようです。

そんな中、小屋の外壁に1匹のバッタが。

近づいても逃げる様子がありません。

寒いから固まっているのでしょうか。

ショウリョウバッタのようです。

その漢字がわかりませんでした。

漢字変換では少量が出てきますが、そんなはずはありません。

精霊流しのショウリョウです。

精霊船に似ていることからその名が付いたとか。

 

子どもの頃、ショウリョウバッタのことを醤油バッタと呼んでいました。

理由がちゃんとあって、バッタから出る液体が醤油に似ていたから。

 

その液体は、消化管にある未消化物とのこと。

毒はなし。

ストレスがかかることによって吐き出されるようです。

また、吐き出すことによって体を軽くし逃げるためだとも。

セミと同じ。

 

残り少ない秋。

バッタの声に耳を傾けよう。

 

その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

結露の窓ガラスを見て、寒暖の差を知る。

今朝は急激に冷えました。

最低気温が9℃になる予報がありましたが、実際はもっと下がりました。

県内では5℃以下の場所も。

大雪山で初雪が降るのも理解できました。

 

我が家の窓ガラスも結露状態。

結露は外気温と室温の差によるもの。

窓ガラスは冷たい外気温で冷やされます。

室内の暖かい空気が冷たい窓ガラスにあたることで、水蒸気が水滴に変化します。

暖かければ暖かいほど水蒸気の量は増え、寒ければ少なくなります。

 

メガネが曇るのも同じこと。

暖かい場所から寒い場所へ移動した時、メガネは曇りませんが、寒いところから暖かいところへ移動した時は曇ります。

 

寒暖の差が激しくなる時期になりました。

これがなければ、りんごが美味しくなりません。

蜜入りりんごが待ち遠しい。

 

その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

まだ見ぬトロトロ卵よ。次は必ず成功して胃袋に。

トロトロ卵。

オムライスの上の卵はこうでないと。

しかし、それがどうしてもできません。

先日もまた失敗。

加熱しすぎて広がらない。

かといって、加熱が足りないとどろどろに

微妙な加減が難しいといつも思っていました。

 

それは根本から違っていました。

卵に牛乳を混ぜることで解決できそうです。

牛乳の加入で凝固する温度が低くなり半熟になるとのこと。

まだ挑戦してもいないのに成功した雰囲気が漂っています。

これまでも子供たちには好評で、更に株が上がりそうな予感。

 

その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

便利グッズの実力を見た。衝動買いの心理を知った。

便利な調理グッズはたくさん。

主婦の賛同を得られるかどうかがカギです。

妻は便利グッズにめっぽう弱い。

値段が安ければすぐにでも購入します。

私はそんなグッズには騙されません。

 

専用容器で簡単に。

生の枝豆をレンジでチン。

230秒で出来上がり。

お鍋で茹でる煩わしさから解放されました。

 

枝豆の旬は長く、69月とのこと。

旬が過ぎようとしている今日、魔法のグッズのようなグッズに出会いました。

枝豆好きにとっては救世主。

「騙された」は撤回します。

 

その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

鳴かないアマガエル。秋だなぁ〜。

我が家の芝生に、アマガエルが遊びに来ました。

逃げることもせず、じっとしています。

繁殖期も終わっているので鳴くこともありません。

これから寒くなると冬眠です。

 

さて、アマガエルはどのくらい生きるのか?という疑問。

飼育された個体は45年とか。

長生きするのは10年以上のようです。

ヒキガエルにいたっては、30年を越えるデータが。

しかし、自然下にあってはさにあらず。

アマガエルは23年生きれば、というところでしょう。

 

なんともきれいな黄緑色のアマガエルよ。

飼育したくなるのがわかります。

鳴き声が聞こえないのが何だか寂しい。

秋の到来を実感します。

 

その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ウォーキングからジョギングへ。ジョギングからランニングへ。

週末にちょっと食べ過ぎると、1〜2kg体重が増加します。

でも何日かすると元の体重に戻ります。

今年に入って、上下を繰り返しながら。

元の体重に戻らなくなりました。

プラス2kg

 

今月に入って、散歩開始。

思い切って10kmウォーキング。

もしかしたら走れるかも。

初の10kmラン。

いや、ジョギングでした。

 

ジョギングとランニングは違って、走る速度が異なります。

マラソンランナーは時速20kmだと聞いたことがあります。

速度の目安は、

ジョギングが時速59km、ランニングが9km以上。

ウォーキングは56kmとのこと。

 

私の時速は6.7kmでした。

なんとかジョギングの範囲内といったところです。

 

長距離を走ると足腰が痛くなるということで、タイツを購入。

ついでに、キャップとシャツとパンツも。

これで見た目はランナー。

しかし、ぽっこりお腹が目立ちます。

 

ランナースタイルで長続きしそうな予感。

雪が降る前まで頑張ってみよう。

 

その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スプーンが料理を変える。スプーンの役割のいろいろ。

スプーンの曲線。

なめらかなスプーンは口に入れても、手に持っても心地がいい。

料理を一変してしまうと言っても過言ではない。

 

先日、自宅の飲食用スプーンを一新しました。

カレーやスープが格段に美味しくなりました。

できればもうひと回り大きめが良かったのですが。

 

計量スプーンの大さじ、小さじ。

この前まで、中さじがあることを知りませんでした。

ネットのレシピはよく見るのですが、中さじは見かけません。

というか、自宅に中さじスプーンはなかったのでした。

妻に大さじ、小さじは何cc?とよく聞きます。

聞いたらすぐに忘れます。

中さじがないから覚えられなかったことにします。

大さじ:15cc、中さじ:10cc、小さじ:5cc

 

ティースプーンは小さじと同じとのこと。

ミツバチが一生かけて集める蜜の量がティースプーン1杯と言われています。

大さじ10杯以上は集めてくるイメージがありました。

ミツバチの苦労を改めて知りました。

 

その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

雲の正式な名前がわからない。形状で判別しようとしたが・・・

うろこ雲が幻想的。

うろこ雲の正式な名前は「巻積雲(けんせきうん)」。

雲の種類は10種類。

知っていたのは積乱雲だけ。

 

雲が発生しやすい場所によって3つに分けられるという。

高層グループが、巻雲、巻積雲、巻層雲。

中層は、高積雲、高層雲、乱層雲。

低層は、層積雲、積雲、層雲、積乱雲。

 

発生する高さは、

高層:500013000

中層:20007000

低層:地上付近〜2000

なお、積乱雲は背が高く、地上付近から13000m。

 

高積雲は別名ひつじ雲。

うろこ雲と似ています。

素人目には間違ってしまいます。

形状は似ていますが、高さが違います。

しかし、地上から見ればその高さの違いはよくわかりません。

 

夕方見た雲は、うろこ雲だと断定していたのですが、ひつじ雲にも見えてきました。

 

その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -