検査センターBLOG

(一社)青森県薬剤師会衛生検査センター
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スプーンが料理を変える。スプーンの役割のいろいろ。

スプーンの曲線。

なめらかなスプーンは口に入れても、手に持っても心地がいい。

料理を一変してしまうと言っても過言ではない。

 

先日、自宅の飲食用スプーンを一新しました。

カレーやスープが格段に美味しくなりました。

できればもうひと回り大きめが良かったのですが。

 

計量スプーンの大さじ、小さじ。

この前まで、中さじがあることを知りませんでした。

ネットのレシピはよく見るのですが、中さじは見かけません。

というか、自宅に中さじスプーンはなかったのでした。

妻に大さじ、小さじは何cc?とよく聞きます。

聞いたらすぐに忘れます。

中さじがないから覚えられなかったことにします。

大さじ:15cc、中さじ:10cc、小さじ:5cc

 

ティースプーンは小さじと同じとのこと。

ミツバチが一生かけて集める蜜の量がティースプーン1杯と言われています。

大さじ10杯以上は集めてくるイメージがありました。

ミツバチの苦労を改めて知りました。

 

その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

雲の正式な名前がわからない。形状で判別しようとしたが・・・

うろこ雲が幻想的。

うろこ雲の正式な名前は「巻積雲(けんせきうん)」。

雲の種類は10種類。

知っていたのは積乱雲だけ。

 

雲が発生しやすい場所によって3つに分けられるという。

高層グループが、巻雲、巻積雲、巻層雲。

中層は、高積雲、高層雲、乱層雲。

低層は、層積雲、積雲、層雲、積乱雲。

 

発生する高さは、

高層:500013000

中層:20007000

低層:地上付近〜2000

なお、積乱雲は背が高く、地上付近から13000m。

 

高積雲は別名ひつじ雲。

うろこ雲と似ています。

素人目には間違ってしまいます。

形状は似ていますが、高さが違います。

しかし、地上から見ればその高さの違いはよくわかりません。

 

夕方見た雲は、うろこ雲だと断定していたのですが、ひつじ雲にも見えてきました。

 

その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

もう音楽はいらない。潮騒のメロディーがあるから。

砂浜を散歩。

愛犬といっしょの光景が多くあることに気付きました。

犬にとってはリードなしで、思いっきり動けることで解放感マックス。

人間も同じ。

海の広さと景色の良さ。

しかも、波音の音楽まで付く。

もうイヤホンはいらない。

足が砂に埋まり、バランスを崩します。

砂浜を歩くだけでもダイエットに効果的。

心身共に海からの恩恵を。

砂浜に飼い主と犬の足跡を見る。

犬が飼いたくなってきました。

その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

その卵が見られなかった理由がわかった。カタツムリの生態。

白くて丸くて、そして、小さい。

12mmくらいかな。

その数は、20個くらいかな。

カタツムリの卵を初めて見ました。

大きなカタツムリは1匹捕まえればそれで満足します。

しかし、それでは卵は見られない。

オス2匹だったらどうするの?

カタツムリは雌雄同体だから、2匹いれば2匹とも卵を産む。

次は赤ちゃんカタツムリとご対面となる。

どのくらいで産まれるだろう。

名前を考えなくていいだろうか。

 

その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

8月の長雨終了?除湿機の日課も終了?

2週間ぶりぐらいにお日様を見ました。

日影も久しぶり。

太陽が恋しくなるほど続いた雨。

暑さで滲み出てきた額の汗が全く気になりません。

これから天気が持ち直す予報。

気分も開放的になってきました。

 

我が家の除湿器は毎日フル稼働。

毎日45Lほどの水を排水口に流しました。

現在販売されている除湿器の中で、118Lの除湿能力が最大とか。

大家族には重宝されることでしょう。

 

排水日課は今日で終わりかな。

その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

長寿だと喜べない台風の寿命

長寿と聞けば喜ばしいですが、台風の場合そうではありません。

台風の平均寿命は5日とのこと。

長寿台風の1位は19.25日。

現在発生している台風5号は上位にランクされそうです。

台風の寿命とは、台風が最初に発生した日時から台風が最後に消滅した(熱帯低気圧に変わった、温帯低気圧に変わった、気象庁の担当領域[北西太平洋及び南シナ海]外に達した)日時までの期間。

 

長寿だと大雨をもたらし、短命だと大風。

どちらも被害は甚大。

備えを万全にすることしか方策が見つからない。

 

その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

大音量の夏の声に、いつもと違ったひとときを。

つくば市にて。
駅を降りると、都市と自然の融合。
樹々から溢れる爽やかな風。
そして、大音量のセミの声。
青森では聞かない鳴き声に、しばし聞き耳をたてましたが、あまりのうるささに手で音を遮ろうと思いました。
ミンミンゼミやツクツクボウシは聞かない声。
夏をイメージさせる声はテレビだけのこと。
実際に聞くとだんだん暑さが増してきました。
青森には似合わないと思いました。
声はたくさんなのに姿が見えません。
やっと見つけたセミは、いつもたくさん見ているセミのような。
いつもと違った夏の一時を楽しみました。
その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

10円に価値あり、5円にも価値あり、その理由とは?

「ギザ十」は知っていても「フデ五」は知りませんでした。

両者はレアな硬貨のこと。

前者は10円硬貨、後者は5円硬貨。

 

キザ十は硬貨の周囲がギザギザになっていることからその名がついたようです。

一方フデ五は、フォントが現在はゴシック体ですが、それは楷書体になっていることから、筆で書いたように見えることから。

因みに、「日本國」の「国」文字が旧字体。

 

先日フデ五を入手しました。

硬貨の肌触りがいい。

すべすべしています。

発行年は昭和26年とあります。

この年は発行枚数が一番多く2億枚。

よって、価値は低いようです。

発行枚数が少ない昭和32年が価値は高いとのこと。

ギザ十はというと、昭和2729年が多く、33年が少ない。

26年と33年を見つけたら保管しておこう。

 

その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

川の日に、天の川を。川の日に、河川に関心を持とう。

今日は快晴。

今夜は天の川が見られそうです。

 

今日は「川の日」。

平成8年度から制定されました。

制定理由

1. 7月7日は七夕伝説の「天の川」のイメージがあること

2. 7月が河川愛護月間であること

3. 季節的に水に親しみやすいこと

趣旨
1. 近年、都市の発展、治水事業の発展などを契機に、希薄化した人と河川との関係を見直し、河川に対する人々の関心を取り戻すこと

2. 地域の良好な環境づくりなどについて流域の住民・自治体が一緒になって考え、取り組む、といった地域の活動を支援すること

 

低気圧や台風による豪雨で、九州地方は甚大な被害です。

突如やってくる豪雨は忍び足で、知らぬ間に河川の増水を招きます。

当地も数年おきに氾濫を繰り返し、そのたびに被害が報告されます。

 

昔、小さい川のそばにあった我が家の田んぼが氾濫によって冠水しました。

小さな川の小さな橋に流木がひっかかって冠水地帯が広がったのです。

ああなると、もう人間の力ではどうすることもできませんでした。

 

1日も早い復旧復興を七夕の願いに託しました。

その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

金色に輝くライセンスカードよ、再び舞い戻る!

何年振りだろう?

ブルーからゴールドになったのは。

軽微な違反であれば有効期間は5年。

過去にしばらくゴールドを維持していましたが、ブルーが10年近く続いたような。

ブルーになると本当に心もブルー。

ゴールドになると心も光輝きます。

 

無事故無違反がゴールドの条件。

他にも特典が。

自動車保険の割引が発生します。

これからの5年、さらに10年へと割引期間を伸ばしたいものです。

 

その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -