検査センターBLOG

(一社)青森県薬剤師会衛生検査センター
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 八重のチューリップ | main | 山野草の女王 >>

羊歯の山菜

タラの芽が店頭に出始めました。

コゴミも同様。

最近コゴミの味を知り、タラの芽といっしょに天ぷらにする機会が増えました。

コシアブラという山菜も見るのですがこちらは未知の味。

仲間入りをさせなければ。

 

コゴミとゼンマイの違いを妻に問われました。

コゴミにはヒダヒダがあるが、ゼンマイにはない、と答えました。

両者は川などの近くの湿った場所に生えるようです。

どちらも若芽を食べることになりますが、成長すると見分けがつきません。

 

シダ植物は小学生で学習したこと。

花は咲かないため種子はできません。

その代り、胞子で増えます。

こうした特徴は知っていても、「シダ」の漢字はわかりませんでした。

「羊歯」とか「歯朶」と書きます。

羊の歯に似ているからだとか。

 

シダ植物の山菜たち。

ワラビを忘れてはいけません。

 

農産品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kensacenter.jugem.jp/trackback/1475
この記事に対するトラックバック