検査センターBLOG

(一社)青森県薬剤師会衛生検査センター
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 川の石に付着しているコケの鮮やかな緑色よ、永遠に。 | main | 10円に価値あり、5円にも価値あり、その理由とは? >>

土用の丑の日が寂しい時には

マイボイスコム株式会社が実施したアンケート調査

調査日:20150801日〜0805     

回答者数:10,424

1.土用の丑の日にうなぎを食べるか

土用の丑の日にうなぎを「ほぼ毎年食べる」「毎年ではないが、食べることが多い」「たまに食べる」は各2割で、これらをあわせた、うなぎを食べる人は全体の6割強です。近畿や中国では7割弱、北海道では5割弱と、地域によって差がみられます。
また、50代以上では「ほぼ毎年食べる」が3割弱みられます。女性20代は「ほとんど食べない」が5割弱で、他の年代より比率が高くなっています。

 

「ほとんど食べない」が37.0%、我が家がこれに該当します。

ほとんど食べないというより全く食べないです。

理由は、妻がウナギ嫌いだから。

食感がどうも苦手らしい。

 

土用の丑の日は、そんな理由でウナギ好きな私はスーパーのウナギを見てため息をつく日となったのです。

かなり前に食べたウナギ専門店の味が忘れられません。

その味を知らない妻を連れていけば好きになるかもしれません。

 

今年は、1週間前に自分だけ食べるウナギのかば焼きを購入。

やはり1人で食べるウナギは寂しすぎる。

 

食品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kensacenter.jugem.jp/trackback/1528
この記事に対するトラックバック