検査センターBLOG

(一社)青森県薬剤師会衛生検査センター
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 土用の丑の日が寂しい時には | main | 大音量の夏の声に、いつもと違ったひとときを。 >>

10円に価値あり、5円にも価値あり、その理由とは?

「ギザ十」は知っていても「フデ五」は知りませんでした。

両者はレアな硬貨のこと。

前者は10円硬貨、後者は5円硬貨。

 

キザ十は硬貨の周囲がギザギザになっていることからその名がついたようです。

一方フデ五は、フォントが現在はゴシック体ですが、それは楷書体になっていることから、筆で書いたように見えることから。

因みに、「日本國」の「国」文字が旧字体。

 

先日フデ五を入手しました。

硬貨の肌触りがいい。

すべすべしています。

発行年は昭和26年とあります。

この年は発行枚数が一番多く2億枚。

よって、価値は低いようです。

発行枚数が少ない昭和32年が価値は高いとのこと。

ギザ十はというと、昭和2729年が多く、33年が少ない。

26年と33年を見つけたら保管しておこう。

 

その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kensacenter.jugem.jp/trackback/1529
この記事に対するトラックバック