検査センターBLOG

(一財)青森県薬剤師会 食と水の検査センター
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 非常に優良で、古くて透き通ったお酒を手にした瞬間。 | main | 凍った川は寒さの証明。まだ一部が融けず。 >>

バレンタインデーの引き離しなるか?今後のデットヒートに注目!

チョコの月別支出額統計。

2月がダントツ1位。

2位は1月で2月の半分ほど。

冬場の支出が多く、夏場は少ない。

高温により溶けてしまうことが要因と思われます。

 

チョコの生産量と販売量は右肩上がり。

消費量も同様。

最近の高カカオチョコの人気がけん引。

自分が感じる消費量も増えている気がします。

商品の多様化によって買ってしまうのが要因です。

 

バレンタインデーとハロウィン。

年々市場規模が縮まり、2014年からは抜きつ抜かれつ。

昨年は、前者が巻き返し。

今年は一気に引き離すでしょうか。

デットヒートはしばらく続く感じです。

食品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kensacenter.jugem.jp/trackback/1657
この記事に対するトラックバック