検査センターBLOG

(一財)青森県薬剤師会 食と水の検査センター
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ホヤをさばきまくる。旬はこれから。 | main | 痩せる順番の不思議。痩せてほしいところは後回し。 >>

ウドの香りと苦みと、そして歯ごたえと。

ウドを頂戴しました。

山ウドです。

山ウドに対し、白ウド。

山ウドは自生しているもの、白ウドは栽培。

白ウドは、地下栽培等により日光を当てないために白い。

 

ウドは山菜。

葉を天ぷらでいただきました。

香りと苦みがタラの芽によく似ています。

産直施設などでは、タラの芽が人気。

売り切れだったり、高かったり。

ウドで十分に代用できました。

今晩の夕食は、茎を酢味噌和えで。

葉と茎が味わえるウド。

万能山菜に乾杯!

農産品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kensacenter.jugem.jp/trackback/1713
この記事に対するトラックバック