検査センターBLOG

(一財)青森県薬剤師会 食と水の検査センター
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 熱中症のメカニズムは?冷夏でも安心できない? | main | エビの大きさが味を変える。人気食材の実力。 >>

お米の消費量が減っていく。ブランド米で増大へ。

妻と2人の生活。

お米が減らない現実。

子供たちがいた時は、10圓里米がすぐに無くなりました。

30kgの業務用が欲しかったほどです。

先日、5kg袋に切り替えました。

 

一度に5合を炊いて、残ったご飯は冷凍にします。

電気代も節約になります。

 

さて、米の単位「合」について。

合の上は、升(しょう)。

その上は、斗(と)。

その上は・・・。

全くわからず。

正解を聞くと、よく耳にします。

 

石(ごく)。

10合=1升

100合=1斗

1000合=1石

1合は150g程度ですから、1石は150kg

 

1石は大人1年分の米の消費量を表すとのこと。

加賀100万石は100万人を養える規模であったのでしょう。

 

年を更に重ねていけば、5kgから2kgになっていくでしょうか。

ブランド米にしてはどうか?

いや、美味しすぎて10圓砲覆襪も。

農産品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kensacenter.jugem.jp/trackback/1767
この記事に対するトラックバック