検査センターBLOG

(一財)青森県薬剤師会 食と水の検査センター
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 昔ながらのブドウに時代の変遷を思う | main | 歯周病予防は定期通院でさっぱりと。 >>

今年は豊漁。サンマの苦みを感じて。

サンマが豊漁とのこと。

市場にも反映されて、消費者にとってはとても有難く。

 

魚嫌いの娘もサンマは意外に食べます。

しかし、内臓はしっかりと取り除いて。

内臓の苦味がなければという人も多いことでしょう。

私は、食べたり食べなかったりと、その時の気分で。

 

サンマはなぜ内臓ごと食べられるのか?

理由は、胃が無いから。

サンマの消化時間は30分程度と言われています。

胃がある魚は、10時間程かかるとのこと。

サンマは日中に餌を食べ、夜はお休み。

漁獲は夜に行われるため、消化物は体内にはないということです。

 

胃が無い魚のことを無胃魚。

サンマの他、コイ、フナ、メダカ、トビウオなど。

何故胃が無いのかははっきりとした理由は不明。

 

サンマの苦味を感じながら秋を満喫しましょう。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kensacenter.jugem.jp/trackback/1804
この記事に対するトラックバック