検査センターBLOG

(一財)青森県薬剤師会 食と水の検査センター
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 短く切ることの快感がある。特に親指の爪。 | main | クリスマスにはじめて届いたプレゼント >>

道路を横切る動物に思うこと。

1匹の動物が前を横切る。

犬のようだが、明らかに違う。

全体的にやせ形で、尻尾が長い。

キツネだろうと思う。

断定できない理由は、尻尾が細すぎるのだ。

ふさふさしていない。

ところどころ毛が抜けている。

 

走行中に横切るのは猫が多い。

たまにリス。

トリッキーな動きにこちらも焦る。

むこうはもっとだろう。

車にひかれる動物は後を絶たない。

タヌキが断トツで多いようだ。

俊敏性の問題だろうか。

 

キツネが横切ることはたまにあるが、かなりの余裕がある。

冬眠しないキツネは、こんな寒さでも平気。

でも、やせ細った毛の抜けたキツネをみると、保護したくなる。

しかし、餌を与えることはキツネにとっては悪影響。

皮膚病を発症する例もあるという。

 

あのキツネはどこに向かうのだろう。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kensacenter.jugem.jp/trackback/1860
この記事に対するトラックバック