検査センターBLOG

(一財)青森県薬剤師会 食と水の検査センター
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 競馬場の芝生 | main | 蝶のパワーとスピード >>

噴出す熱湯

ある職員が、地球の不思議を体感しました。

その迫力に押され、束の間たじろいだようです。

地面から噴き上げるその力はまさに地球の不思議。

自然の力だけで、約100度の熱湯を噴出するという。

 

間歇泉(かんけつせん)って何?
間歇泉とは周期的に地面から噴き出す温泉のことだよ。鹿部町の間歇泉は大正13年に温泉を掘っているときに偶然見つかった日本でも大変珍しいものです。

(鹿部町HPより引用)

間歇泉の噴出しは、6分間隔で、高さ15m以上。噴出量は1回に500Lにもなるとのこと。

 

間歇泉は、北海道鹿部町の他にも別府や鳴子などにもあり、世界では、イエローストーンが有名のようです。

 

ここで、噴出のメカニズムを紹介します。

熱水のパワー 間欠泉

ニュージーランドのロトルアの豊富な地下水と地熱がつくり出す究極の絶景が、ポフツ間欠泉だ。世界最大の噴出量があるといわれ、吹き上がる熱水の高さはおよそ20メートル。一度に吹き出る熱水の量は、日本の一般家庭が1年間に使う水の量に匹敵する20万リットル。間欠泉研究のブラッドリー・スコット博士が、この間欠泉の構造を確かめると、直径20センチメートルほどの小さく長い穴があり、これが勢いよく熱水を出す条件のひとつとなっていることがわかった。

間欠泉 噴出メカニズム

ガラス管とフラスコを用い、間欠泉を再現する実験を九州大学大学院で行った。まずヒーターでフラスコの水を熱したが、温度が100度を超えても、水は沸騰しなかった。これは、ガラス管内の水がフラスコの水に大きな水圧をかけていたためだ。しかし、加熱を続け水がふきこぼれると、ガラス管の水が減り、フラスコ内の圧力が下がる。それに伴って沸点も下がると、すでに100度を超えていた熱水は、一気に噴出。水が沸騰すると体積が1700倍にもなり、熱水を勢いよく押し出す仕組みだ。

(NHKサイエンスZERO HPより引用)

 

噴き上げの高さを調べると、別府が50m。世界では450mにも達した間欠泉もあったとか。

地球の底力はどれほどなのか、興味がある反面、畏怖の対象と自覚すべきでしょう。




 人気ブログランキングへ   

温泉 | permalink | - | - | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -