検査センターBLOG

(一社)青森県薬剤師会衛生検査センター
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

高値のみかん。1個1個の赤いシールがより希少に思われる。

今年のみかんは不作。

12月の相場が1キロ330円超。

最近は200円台前半。

21年ぶりの高値。

台風等の気象による影響が大きい。

 

店頭では小さい箱にばかり目がいきます。

そんな中で、目を引いたみかんがありました。

「真穴みかん」。

初めて聞くみかんの名でした。

箱を開けてびっくり。

みかん11個にその名が記されたシールが貼り付けてありました。

何個か付いていないものもありましたが。

手作業で貼り付けているのか疑問が。

HPを見ると機械作業とのこと。

再度驚きです。

シールを張り付ける機械はラべリングマシン。

このマシンは、とても薄いシールをエアーで吹き飛ばして高速で貼り付けていくとのこと。

みかんの、シールの張り付いている部分はバラバラ。

みかんの葉っぱのように貼り付けるのは無理なので、貼り直してあげました。

 

農産品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

弱いニワトリの声は聞こえたでしょうか?

分類は児童書。

大人が読んでも面白い。

笑い声を発しながらページをめくりました。

 

『ざんねんないきもの事典』。

続編と併せて、発売1年ほどで75万部の大ヒットだという。

絵本のヒット作は数多く。

ロングヒットを続けていています。

上位ランクされている絵本は読み聞かせたものばかり。

今でも当時の情景が浮かびます。

 

さて、ざんねんシリーズの中の、ニワトリについて。

夜明けとともに鳴くニワトリですが、その鳴く順番が決まっているとのこと。

強いものから順に。

ニワトリは集団になると、突き合うことで強さの順位を決めるようです。

その順位に従って、鳴いていくのです。

弱いニワトリは鳴きたくても鳴けないのです。

 

酉年も残りわずか。

騒がしく鳴くごとく、今年はいろいろありました。

はたして弱いニワトリの声は聞こえたでしょうか。

 

その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

永遠なる純潔を、来年は追加しよう。

クリスマス。

例年のことですが、ツリーを今年も飾りました。

飾ることで一気にムードが盛り上がります。

 

グリーンのツリーにカラフルな飾り。

丸い玉には正式な名前がありました。

クーゲルというそうな。

このクーゲルの色によって意味も変わってくるとか。

 

赤は、りんごやキリストの血。

白は、純潔。

緑は、永遠。

金銀は、キリストの気高さ高貴さ。

 

少し神聖な気持ちになれました。

我が家のツリーに白と緑のクーゲルがない!

来年は永遠なる純潔を追加しよう。

 

その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

生き生きとして元気のよい、魚が飛び跳ねるように、今日も1本。

ハツラツという漢字、なかなか難しい。

「溌剌」とか「溌溂」。

意味は、

1.生き生きとして元気のよいさま。

2. 魚が飛び跳ねるさま。

 

元気になりたい時に。

疲れた時に。

そんなときに飲めば、元気ハツラツ!

「オロナミンC」です。

 

その誕生は、私が生まれる前、1961年(昭和36年)。

「炭酸」を入れるという、それまで誰も思いつかなかった革新的な新発想が誕生へと導いたのでした。

販売は大塚製薬

その大ヒット製品は「オロナイン軟膏」。

そこから「オロナ」をとって、豊富に含まれる「ビタミンC」の「ミンC」をドッキングさせたのが由来。

 

昭和40年代、ジュースの値段が35円のころ、オロナミンC100円。

高かった割に、ファン層をしっかりと確保したおかげで売上は順調だったという。

今は販売機で120円。

 

今日も1本飲んで元気ハツラツになりました。

 

食品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

近くて似ている金星。肌艶が美しい金星はりんご。

地球に一番似ている惑星は、金星。

直径は地球の0.95倍、重さは地球の0.82倍。

しかし、人類が生活するとなると程遠い存在になります。

金星の表面温度は、昼夜問わず460℃。

分厚い大気(二酸化炭素)のおかげで超温室効果になっています。

 

公転周期が約225日、自転周期が約243日。

自転が長くなっています。

その自転の向きが地球等のそれと違って、反対向き。

したがって、金星において太陽は西から昇って東に沈むのです。

 

金星の名がついているりんご。

小さい頃、年末に食べることが時々ありました。

両親が作っていた金星りんご。

ふじりんごの合間にちょっとだけ食べていたのでした。

その実がなるりんごの木が少なく、数本だけ。

甘味が強く、酸味が少ないという特徴。

袋をかけて栽培した金星は、とても肌がきれい。

きれいなレモン色。

 

久々に食べたら昔と変わらない強い甘さがありました。

 

農産品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

真っ赤に燃えてくれ、俺の脂肪よ!

筋力と柔軟性。

ランニング初心者を襲った激痛。

3卅れば膝に違和感が出始め、5匆瓩ると走れなくなります。

何日間か休息しても同じ。

病院に行くほどでもなく。

休息とストレッチでだましだまし。

ネットで原因を調べると、

筋力が足りないことと体が硬いことが原因と思われます。

ということで、ヨガマットとバランスボールを購入しました。

予想に反して手ごろな価格だったので迷いなく。

寒い中を走ることより、自宅でゆっくりと体を動かすことにしました。

休息と、筋力アップと、柔軟性と。

マットとボールの色のように、脂肪よ燃えてくれ。

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

納豆の粒の大きさ。新たな視点。

納豆の粒の大きさ。

時々、いつも食べている納豆の粒よりも2倍ぐらい大きい納豆と出くわすことがあります。

そこには大粒と書いていなかったりします。

そうした大粒は食べ慣れていないということもあってか、かき混ぜることに一苦労するイメージがあります。

食べるとかみごたえがあって、味は小粒と何ら変わらず。

昔は、大粒しかなかったような記憶が。

現在は、大粒、中粒、小粒、極小粒とサイズにバリエーションが。

 

大豆のサイズには基準があります。

ふるいの目の大きさで区分されるようです。

大粒大豆 直径 7.9

(北海道つるの子、光黒、岩手県・宮城県ミヤギシロメ、福井県・滋賀県他オオツルにあっては 8.5 弌∨務て札織泪侫ラ 9.1

中粒大豆 直径7.3

小粒大豆 直径5.5

極小粒大豆 直径4.9

 

大粒と中粒、小粒と極小粒、それぞれ見た目では分からない気がします。

大豆から納豆になれば、膨張するでしょうからひと回り大きくなるかもしれません。

 

朝食の納豆の視点が増えました。

 

食品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

寒いが故の、冬アイスの味わいと楽しみ。

冬アイス。

12月のアイスの売上が好調らしい。

冬アイスのTV番組の特集を見たら、急に食べたくなって購入したのでした。

夏場はアイスキャンディー系が人気で、冬場はクリーム系。

濃厚クリームだとなおさら食欲が進みます。

 

最近の傾向として、和風シフトしているという。

「きなこ」の商品名に惹かれて買ってしまいました。

店頭を見ると抹茶系の多さに驚きます。

 

しかし、お目当てのラムレーズンのアイスが見つからず。

限定のハーゲンダッツも同じく。

 

他にも興味深々なものがたくさんあります。

密かに、CMで流れる新商品を試しています。

冬だからこそのアイスの味わい、そして楽しみ。

湯上りが一番かな。

食品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

「新」と「残り」と。何かの魔法の言葉。

新発売、数量限定など「新」や「限定」という言葉。

「残り○個」などと強調されればさらに購買意欲は増します。

これらの言葉は巷にあふれています。

価格の違いはあっても、この言葉のもつ力に消費者は弱いものです。

手頃な値段であれば、衝動買いは頻繁に起こります。

 

「新」の魔法にかかって「新一番搾り」を買いました。

普段ビールは買いません。

何か理由をつけて買いました。

 

新年まで残りわずか。

カウントダウンするごとに神聖さが増してきます。

残り2週間となりました。

 

その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

短命県返上できず、これからの5年に期待。

今年の漢字。

「弾」を予想していましたが外れました。

Jアラートの警報が鳴る機会が幾度かありました。

地下室の必要性を実感したのでした。

 

私の今年の漢字は「走」。

ジョギングを始めてようやく3ヵ月が経とうとしています。

今月に入り、降雪によって走れないもどかしさを感じています。

膝の痛みが出始めていることもストレスになってきました。

 

健康のためにというより、趣味に近くなりつつあることに喜びを感じます。

昨日、青森県が今年も短命県返上できなかったニュースが流れました。

厚労省が5年に1度まとめている平均寿命。

青森県の男性は1975年から9回連続最下位。

女性は2000年から5回連続最下位。

一方で、男性の平均寿命の伸び率が良く、改善の兆しが見えるという明るい要素もありました。

 

来年も2年連続となる「走」の漢字を目指します。

 

その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -